オメガ3サプリのおすすめを紹介!効果や副作用も解説!

オメガ3脂肪酸の効果や推奨摂取量、多く含まれる食品やサプリなどを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

オメガ3脂肪酸って何?どんな効果があるの?

オメガ3脂肪酸とは、不飽和脂肪酸で必須脂肪酸のひとつになります。

 

体内では合成することが出来ないため、食事やサプリメントで摂取する必要があるのです。

 

オメガ3脂肪酸の効果ですが、 コレステロール値を下げる効果があります。

 

体内に増えすぎてしまったコレステロールは、動脈硬化の原因になってしまいます。

 

動脈硬化は心筋梗塞や脳溢血を起こすもととなってしまいます。

 

これは血管に悪玉コレステロールが過剰に増えると酸化し、血管の壁に入り込み血栓が出来やすくなってしまうからです。

 

他には中性脂肪を下げる効果があります。

 

中性脂肪とはエネルギーの材料として使われますが、消費されずに体内に残ってしまうと体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

体脂肪が増えすぎると生活習慣病の元になってしまいます。

 

オメガ3脂肪酸は1日どれくらいの摂取量が望ましい?

血液サラサラ効果やダイエット効果で注目を集めているオメガ3脂肪酸。一日にどれくらい摂取するのが望ましいのでしょうか?

 

厚生労働省によると、一日のオメガ3脂肪酸摂取量は2g程度が望ましいとされています。

 

しかし若い世代では、青魚をあまり食べない傾向があるためか半分の量も摂取できていません。

 

オメガ3脂肪酸は意識しないとなかなか摂れない脂肪酸ですが、将来の健康のためにも積極的に摂取していきたいですね。

 

オメガ3脂肪酸は青魚やくるみなどのナッツ類に含まれていますが、必要摂取量を摂ろうとすると沢山食べなくてはなりません。

 

亜麻仁油やえごま油なら小さじ1杯程度を食べれば良いですし、サプリメントで補うのも一つの方法です。

 

オメガ3脂肪酸が多く含まれる食品

オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいる食品には、どのようなものがあるのでしょう?

 

えごま油、しそ油、亜麻仁油のオメガ3脂肪酸の含有率は高く、55%〜60%程にもなります。

 

摂取量は1日小さじ一杯程度が目安ですし、料理にそのままかけて食べられるので、摂取はしやすい食品と言えるでしょう。

 

サバやイワシといった青魚のDHA、EPAは有名ですね。

 

青魚からしか摂ることのできないオメガ3脂肪酸です。
お刺身で食べるのが最もおすすめの食べ方です。

 

くるみやナッツにもオメガ3脂肪酸が含まれていますが、必要量を食べようとすると、片手のひらほど食べなくてはいけないので、クルミやナッツだけで摂ろうとするのはあまりおすすめできません。

【最後に】オメガ3脂肪酸を効果的に摂取できるサプリはコレ!

オメガ3脂肪酸は、もちろん食品からも摂取できるのですが、効率よく摂取するためにはサプリメントは欠かせません。

 

食品から摂取する場合には、不要なカロリーや塩分なども摂取してしまう可能性もありますからね。

 

ハグラビなんかが、特に効率的に摂取できるということで人気です。

 

>>ハグラビ【返金保証付き】